講師紹介

村田 恵理 ─ Eri Murata─

講師写真

プロフィール

東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。
英国王立音楽院大学院課程ディプロマコース卒業。
第26回イタリア・セニガリア国際青少年ピアノコンクール第4位。
第8回東京音楽コンクールピアノ部門入選。
2006年、英国マンチェスター・チータム国際ピアノ音楽祭にてソロリサイタル。
同年帰国後はソロを中心に、デュオ・室内楽などの自主公演の開催を積極的に行うとともに、器楽・声楽等の伴奏も数多く行う。
2011年~2012年にかけては、青森県立美術館開館5周年記念事業として、アレコホールにて5回にわたる連続リサイタルを行った。
現在は後進の指導にも力を注ぐ他、2010年よりNHK文化センター弘前教室にて作品の解説を交えた演奏講座「ピアノ音楽紀行」を定期的に開講しており、好評を得ている。

これまでに石郷勝彦、友田恭子、北川曉子、小林仁、クリストファー・エルトン、キャサリン・ストットの諸氏に師事。
また、2015年より渡邊順生氏に師事し、作曲当時の楽器であるオリジナル楽器(古楽器)演奏を学んでいる。

2018年にはフォルテピアノとバロック・ヴァイオリンを用いた「古楽器で奏でる優雅な響き」を開催した。

講師からのメッセージ

ピアノを習うことは、音楽の基礎を学ぶことができると同時にさまざまな力を身につけることができます。例えば、集中力、記憶力、思考力、精神力、体力はもちろんのこと、芸術を理解する心、本物を感じる心も育っていくことが期待できます。

また、お子様が成長していく上で、とても大切な礼儀やマナーも、ピアノを通して自然に身につけていくことができます。

今の時代はたくさんの習い事に溢れており、それによっていろいろな経験と価値観にふれるメリットがありますが、生涯学習として総合的な力が身につくピアノを習ってみることを強くおすすめいたします。

 留学をした英国での音楽経験と、その後の演奏活動を生かして指導しており、生徒さんも真摯にピアノに向かってくれています。ご一緒にピアノの豊かな世界を楽しみましょう!

 

お教室名の由来

生徒さんのレベルや年齢には関係なく、本格的にピアノを学びたいという方を対象に、ピアノ演奏に特化した教室にしたいという思いで【エリピアノアカデミー】という名前にしました。

 

エリピアノアカデミー講師「村田恵理のブログ」
お教室のことや演奏会のことをお知らせしています。
こちらもどうぞご覧ください。

エリピアノアカデミー講師「村田恵理のブログ」
https://ameblo.jp/erifortepiano/